交通事故の解決を弁護士に依頼するメリットは?

subpage01

交通事故の被害者になった場合に弁護士に相談したという話は聞いたことがあると思いますが、実際のところどのような点で優れているのかをまとめてみました。



まず第一に、相手方とのやりとりを自分で行わなくてすむことです。



弁護士を立てない場合、保険会社や相手方と自分で交渉しなければなりません。
このやりとりには、時間もかかりますし、自分の意見をうまく相手に伝えられなかったり、良く分からないうちに自分に不利な条件になっているのではないかといった不安も生じます。



その点、弁護士は交通事故対応のプロですので、交渉の窓口として自分の意見を伝えたり、不利になるかもといった不安からも解消されます。



第二に、賠償額が増額する場合があることです。


実は、保険会社が設定している保険金の基準と、裁判所が設定している保険金の基準は異なっていて、保険会社の保険金は裁判所のそれよりも少なく設定されています。
弁護士は、裁判所の設定している保険金額を基準にして交渉を行いますので、結果的に賠償額が増額する可能性が高くなるということです。



第三に、相手方の主張に法的に対抗できるということです。



交通事故では、事故の責任割合によって支払われる保証額がかわってくることはご存知だと思います。

このためこちらに責任が少ないと感じていても、保険会社へ法的な根拠を示さない限り、責任割合の交渉をうまくすすめることができません。
弁護士に依頼しておけば、警察の実況見分の資料などをもとに、法的に根拠のある主張をしてもらえるので、被害者の望むような結果となる可能性が高まります。

関連リンク

subpage02














交通事故の示談金に対する弁護士からのアドバイス

万が一、交通事故の被害者となってしまった際には、それぞれの事故の状況に適切に対処する為にも、弁護士の方に相談しなければなりません。これは加害者側の保険会社などが、一方的に有利な条件で示談をすすめてしまうまう可能もあり、その結果不利な条件で問題が解決されてしまうのは明らかです。...

NEXT
subpage03














金銭的な負担を抑えた弁護士への交通事故相談

交通事故の問題を効率良く解決するには、法律の専門家である弁護士の方から適切な対応策を講じてもらわなければなりません。しかしながら、これまでに弁護士の方に相談をした事がない方の場合には、どうしても高額な相談費用が心配になり、相談を躊躇してしまう事もあります。...

NEXT